http://www.keiganji.net/ サイトマップ
浄土宗西山深草派|虎洞山 龍臥院 桂岩寺の全景
jTv jj j{Y jQqn} j

HOME
檀信徒の心得便利帳
西尾観光ドット混むへリンク
観音さまのおみくじ
ご祈祷・お守りのお申し込み
厳選リンク集

厄除け 厄年祈願について



「厄除け祈願」…って?


わが国では古来より人生の節目を「厄年」として忌み慎む慣わしがあります。
この厄年とは、病気や事故、その他何らかの災難に遭う恐れの多い年令とし、
最近、特に都市部ではあまり耳にする機会が少なくなっておりますが、
科学の発達した今でも、全ての行動において慎むべき年と言われております。
厄年は、一般的に、数え年で男性は24才・42才・61才、女性は33才・36才とされ、
(地方により多少異なる場合があります。)中でも男性の42才、女性の33才を
「大厄」と呼び、またその前後の年令を「前厄」「後厄」 として、特に忌む
べき年令とも言われております。
※年齢は全て「かぞえ年」

それは決して迷信やただの風習と一括りで片付けてしまうべきものではありません。
この年令を考えますと、男性も女性も、加齢によって体質が変わったり、
結婚や出産、社会における立場の変化などなど現代の生活のおいても当てはまる
人生の転換期でもあり、肉体的にも精神的にも調子を崩しやすい時期といえます。

「厄年」の間、どう過ごせば…?

一概に「何々をしなさい。」とは言えませんが、
やはり肉体的にも精神的にも無理が溜まっている時かとも存じます。
できうる限り無理をせず、できれば新しい事には手を出さない方が無難かもしれません。

早めに健康診断を受ける、あまり事を性急に進めず自らを振り返ってみる、など、
自分自身のメンテナンスをする時間をたっぷりと取っていただきたいものです。

後、地方にもよりますが、厄年までに貯金をしてその時期に散財したり、
女性の出産なども「厄」を免れるなど言われております。


それだけで良いのですか?

どんなに注意をしていても、思いもかけず降りかかってくるのが「厄(災難)」です。
そんな時人々は、古来より人間の力だけではどうしようもないことを、
人知を超えた存在である「神仏」に頼ってまいりました。

当山、桂岩寺の「矢田観音さま」もそんな人々の願いをたくさん受け止めてこられました。
どうぞ、皆さまのその願いを観音さまにお預け下さい。

きっと「大難は小難に、小難は無難に」と、お守り下さることでしょう…。


 
矢田観音さまへの厄除けご祈願のお申し込みは、こちらよりお申し込みいただけます。
※志納金 一祈願 五千円より



ページの上へ戻る

・永代供養納骨塔「やすらぎの塔」のページ
・厄除け祈願 矢田観音さまのページ
・サイトマップ
・個人情報の取り扱いについて
・このサイトのご利用にあたって
・スペシャルサンクス






Counter